スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。

みなさま、本年もよろしくお願いいたします。

昨年は10月から新しい制度となり、これまで自分で払ってた保険料やら年金やらが、給料から天引きになって手取りが激減、まあ、なんというか、軌道修正が追い付かず、結果的に大変な年になってしまいました。

今年は、なんとかしたいなあと思ってる次第です。

さて、

年末から年始にかけて、Perfume関連で色んな音楽番組を見る機会が増えましたが、

48関連グループが出る度に画面に歌詞がテロップで流される訳です。

なーんじゃこれ!?のオンパレード。

やっぱり秋元氏の書く歌詞には嫌悪感しかありません。

これは大昔のおニャン子クラブ、とんねるずでヒットを飛ばしてる頃から変わらない感想です。

基本は男子目線で、よく言えば文学的、悪く言えばひたすら古臭い言い回しのオンパレード。

たまに女子目線の歌詞を書いたかと思えば、これが余りにも時代錯誤で笑えないという。

本当に消えてほしい、と思った、年末でありました。

なにはともあれ、今年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

久々の更新(笑)

なかなか、更新が滞っております。

先日、久々にリアルタイムでPerfumeを体感いたしました。

とはいえ、当方の中では、6月18日でCOSMIC EXPLOER Tourは終わっておりますので、ドームエディション云々は一切無視でいきます(笑)

録画予約もすっかり忘れていて、Perfumeは21時過ぎの登場という一報でホッと胸を撫で下ろした次第ですが、帰宅してテレビのスイッチをオンにした途端に、画面に現れたのはなんたら46とか。

近年は、本家を凌ぐ勢いであるとは聞いておりますが、いかんせん、みんな同じ顔に見える症候群に陥っている当方とすれば、ただの邪魔ものでしかありません。

その後、リオオリンピックに絡めた演出が続き、最後に某JSBのWelcome to Tokyoが出てきた時には、なんだそれ!くだらねえ!という感想しかなく。

こんな茶番に付き合わされた選手の皆様の心労やいかに。

ご愁傷さま、としか言いようがありません。

そんな茶番劇のあとに、ようやくPerfumeの登場です。

今年は、COSMIC EXPLOERしかリリースがなく、披露するは当然FLASHなんですが、

長いツアーを経てきただけある、見事なステージでした。

目を見張るしかないというか、ただひたすらカッコいいとしか言いようがなく、Twitterでも、

「ええ、なにこれ、カッコいい!」と、すっかりボキャブラリー不足の状態に陥ってしまってました((笑)

私生活では、色々ありすぎて、正直Perfumeから少し距離を置くような状態に陥ってしまってましたが、

やっぱり、Perfumeがないとダメだと実感した一時ではありました。

なにやら

ちゃあぽんの所属事務所でもあるレプロ関連で最近気になるできこごとが。

まあ、能年玲奈さん関連なんですが。

自分の本名が芸能活動に使えないってどういうこと?

日本の芸能界の異常ぶりが更に浮き彫りになったんじゃないでしょうか?

色々あるにせよ、気持ち悪いとしかいいようがありません。

久しぶりにGAMEを聴いた。

ウォークマンからも削除して久しいGAMEを聴いた。

一応、iPhoneには全アルバム入ってるのでiPhoneで聴きましたが、

何故か、最新アルバム COSMIC EXPLOERが聴きたくなってしまいました。

確かに、傑作には違いないのですが、

そこにいるのは18~19才のPerfume。

今のPerfumeからすれば物足りなさを感じてしまうのです。

大人感が圧倒的に足りてない(当たり前ですが)

やっぱり、最新のPerfumeが最高のPerfumeという認識は正しい、という結論に達しました(笑)

という訳で、COSMIC EXPLOERからも、もう半年、そろそろ新曲が聴きたい、と思うのは僕だけでしょうか?

是非とも、よろしくお願いしたいと思う次第であります。

ネタバレについて

今回のツアーに限らず、Perfumeは、ツアーの内容に関して必ずといっていいほどネタバレ禁止令を発令します。

勿論、新鮮な気落ちでライブに臨みたいと思うファンの気持ちを酌んでのことだと思います。

ですが、それも度を越してしまうとどうか?

自分がライブに参戦するまでは内容に関しては一切知りたくない、という気持ちは理解できますが、それならばSNSやファンブログなど一切シャットアウトすれば済むことです。

それをせずに、知りたくない情報を知ってしまった、どうしてくれる!?と騒ぐ方がおかしい。

百歩譲って、通常の2~3か月のツアーならば、まあ、それも仕方ないかなと思いますが、今回のツアーのように半年以上にも渡る場合は事情が違います。

ネタバレなしとなると、その間、メディアには一切ツアーの内容に関する情報は出なくなります。

それが何を意味するか?

レギュラーのTV番組もなくなった今、世間的にはPerfumeは不在になってしまうのです。

まあ、今やその程度で忘れ去られてしまうような存在ではなくなってはいますが、それでも、やはりマズいと思うのです、


今回のツアーのように、国内アリーナ、北米、ドームというようにフェーズが分かれている場合は、その区切りで色んなメディアにツアーレポートが出るのが望ましいと思います。

要するに、都度都度に、こういう活動を行っていますよ、というアピールはすべきだということです。

それでも、「自分は内容を知りたくなかった、ネタバレは止めて!」というのはただの我儘、繊細チンピラの類であるので気にしないのが吉。

特に、今回のように近い将来のMSG公演実現のカギとなる北米公演前には動画サイトに積極的にネタバレ満載のティザーを流すべきだったし、ファンカムによる動画投稿も規制すべきではなかったと思います。

そもそも、動画サイトに投稿といっても、ライブ丸ごと上げるようなアホはいません。

なぜならば、丸ごと上げるような人間はファンではないからです。

ファンならば、せっかくお金払ってチケットを入手したライブで最初から最後までカメラを構えて居られるはずがありません。



今は、海外のアーティストのライブなら、よほど高性能のカメラでない限りは、撮影OKとなっています。

僕も実際にやったことはありますが、正直、ずっと撮り続けるってのは無理です。

ならば、国内アーティストでも、三脚を立てるとか、無謀なことをしない限り、撮影は自由でいいのではないでしょうか?

まあ、Perfumeにとっては光の演出は重要なファクターなので、それを妨げない程度に、でですが。

ちょっと疲れてきたので、この続きはまた次回。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。