スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年

あけましておめでとうございます。

昨日の紅白はなんだかエライことになってましたが、

司会進行も含めて、近年で一番まとまってたと思います。

願わくば、10回の節目を迎えたPerfumeは、今年は司会をやってほしいなと思ったりして(笑)

MJ後期の安定感はとにかく半端じゃなかったですからね。

それにしても、Perfume、寒そうでした。

去年は、地上200メートルとか、3人が1万キロ離れて、とか、次は、何があるのか予測ができませんが、

なんとなくですが、2年ぶりの日本も含めたワールドツアーがありそうな予感がします。

期待しましょう。

何はともあれ、今年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

中田さんのニューアルバム

先週、J-WAVEの番組に中田さんが出演され、来年出るニューアルバムからも何曲か披露されました。

終了間際にオンエアされた、Give You Moreという曲、

Give You More

これ、PerfumeのIf You Wannaと対になってるんじゃないですかね?

If You Wanna Give You More

これで、ちゃんと文章になってますよね?

というか、進行がほぼ同じなんですが(笑)

前記事の流れで

チケット転売サイト、チケットキャンプの業務一時停止に伴う、阿鼻叫喚の声がTwitter上に溢れてます。

まあ、転売屋とかは言語道断ですが、

定価以下でしか売買したことないのに、チケキャンないと困るとか言ってる人たちが多数いることに驚きました。

そもそも、全てのチケットには「転売禁止」と書いてあるではないですか。

その転売禁止のチケットの売買を仲介して手数料を取るビジネスってかなりグレーだと思うんですが。

今回はそのグレーな部分ではなく、肖像権の問題で捜査が入ったようですが、いずれは規約違反の部分にもメスが入るんではないでしょうか。

その定価以下での売買に関して、一番印象に残ったのがこれ

「私転売してなしし、友達と重複当選したチケットを、外れた人のために譲ってるだけ。定価で売ってるし、送料手数料足したら、むしろ損してるぐらい。悪いのは転売屋」

もはや、自分が何を言ってるのかわからないようです。

定価で譲ろうが定価以下で譲ろうが、対価を受け取れば、それを転売というのです。

「むしろ損してるぐらい」とはいえ、そもそも転売も払い戻しも出来ないチケットを転売してる時点でアウトなんじゃないでしょうか。

それよりも何よりも、

「友達と重複当選したチケットを、外れた人のために譲ってるだけ」

という一文にカチンときました。

要するにグループ買いをして、自分たちは良席を確保し、いわゆるクソ席を転売に出そうってことです。

そもそも論ですが、グループ買いをしなければ、チケットの先行販売などでより多くのファンが席を確保できるはずで、「譲ってあげる」必要もない訳です。

それを「譲ってあげる」とは、何目線なのか(笑)

残念ですが、Perfumeファンにもそういう人が結構な数見受けられます。

仲間内でチケットを融通しあうのがダメと言ってるのではありません。

最初からそれ目的でチケットを確保することによって、他人の機会を奪ってることに気付いてほしいのです。




あ、入金期限は明日だ! さっさと入金してこないと(笑)


当選

来年2月14日~15日に開催される「P.T.A.発足10周年‼ と5周年‼ “Perfumeとあなた”ホールトゥワー」<幕張公演>に先週エントリーした。

結果は、あ~ちゃん生誕日の15日の分が当選。

いや、目出度い。

Twitter上で、「両日落選した」との声が多数ある中の当選は大変喜ばしいことである。

というか、両日落選した人々のエントリー内容がわからないのでアレだが、

「関東地区の落選者が多く、遠征民の当選者が多い」だのと戯言を言うツイートに物申したい。

そんなわけねーだろ!?

エントリーに当っての詳細な説明があったでしょ?

それ、ちゃんと読みましたか?

自分が間違ったエントリーをしたから落選したとは思わないのかね?

間違ったら、「エントリーは出来ますが、自動落選」と書いてあるではないですか。

それとも、いつも通り、気安く「仲間同士でエントリー」でなんとかなると思いましたか?

そんな訳ねーだろ?

今日のチケキャンの一時業務停止のニュースといい、時代は確実に動いているのです。

いつまでも、自分たちだけがいい思いをできると思うなよ! ってことです。

今回は、かなり毒分多めでお送りしました(笑)





祝!

Perfumeの、10年連続、10回目の紅白出場が決まりました。

以前の記事で、もういいじゃん、とか書いた覚えはありますが、前言撤回です(笑)

やはり、日本全国津々浦々、いや、海外にまで届けられる番組に出演できるって、素晴らしいことです。

しかも、Perfume以外の出演者で、10回以上の出演者は11組だけです。

同一メンバーのグループとしては、ザ・ピーナッツの16回に次ぐ回数だそうです。

ザ・ピーナッツ、うん、懐かしいぞ!

シャボン玉ホリデーでの、

ピ「おとっつあん、お粥ができたわよ」
ハナ肇「いつも、すまないねえ」

こんな、遣り取りが記憶にあります。

誰でも知ってる国民的なアイドルでした。

いや、プログレ好きの当方としては、キングクリムゾンのエピタフをカバーしたアーティストとしても認知されております。

そんな、まさに、「国民的な」アイドルと並ぼうかという今の立ち位置は、崖っぷちの11年前には考えも及ばなかったのではないかと。

そういえば、ザ・ピーナッツはナベプロ所属。

その、ナベプロのマネージャーだった大里会長も、感慨一入ではないでしょうか。

「3枚出してあげるから」のラストを飾る、エレクトロワールドから、たった11年ですよ?

しかも、その売り上げは2000枚強。

そんな崖っぷちのユニットが、紅白連続出場10回を達成って、これほど目出度いことはないですよね。

当日は、テレビの前で正座してその時を迎えたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。