スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spending all my timeを批判する人々。

いや、もう、触れなくていいから、あなた方が好きな「アイドル」のインストアライブや無料イベントに精力を注いでください。

Perfumeは、そういう段階はとっくの昔に卒業してるのです。

それが理解できず、「インストアライブも握手会もやってくれない、小さな会場じゃないと良さが伝わらない(←思い込み)、客層もスイーツ層ばっかりが増えた(←自分達が特異な存在だとは認識できてない)」なんて言ってるようじゃ、ファンとしては見限られて当然。

いや、賛否両論あるのはいいんですよ、別に。

ただ、それが的外れだったりすると、アチャー!と思ってしまったりする訳で。

ちょっと目に余ったので、久々にキレ気味の記事を書いてみました(笑)


スポンサーサイト

Spending all my time

先週のLocksでようやく解禁になりました。

どこかで聴いたことのあるイントロから入って、割と最近にありがちなエレクトロ風味


かなあと思いつつ聴き進んでいくと、段々とエフェクトが薄れていってPerfumeが浮かび上がってくるという仕掛け。

上手いこと出来てるなあと思いました。


ティザー映像も公開されましたが・・・・




え!!!!!!!??????

これだけ!?

全篇これだけだったらどうしよう!?(笑)

テレビでやらない宣言も飛び出しました。

この曲はテレビサイズじゃ良さが伝わらないと思うので、正解だと思います。

というか、テレビサイズって何?

例えば、Mステなんて1時間番組でゲスト5組とかなのに、なんでフルで曲を歌わせないのか!?

甚だ疑問ではあります。

Perfume Global compiration "LOVE THE WORLD"、初回限定盤、

例の如く、タワレコヨドバシアキバにて店舗取置き予約完了いたしました。

通販って、基本的に好きじゃないんですよね。

手に入るものは、その日のうちに手に入れたいという性質なので。

収録曲に関しては、一部はメンバー本人から発表になってますが、

それ以外の曲が物凄く気になります。

全篇リミックスだったりすると・・・嬉しいなあ。

なんてことは、今まで散々聴きこんできた国内、及び海外の熱心なファンの勝手な願望だったりする訳で。

海外ファンの皆様にとっては、既発曲に関しては公式の音源は初めてのアルバムでもあるので、そのまんまの方がいいのかなと思ったりもします。

でも・・・・ジレンマだなあ。

もやもやしてます。

アジアツアー!?
コンピレーションアルバム9/12発売!?

詳細を早く!!!!!!!

と思ったら早速ナタリーに!!

ツアーは、台湾香港韓国シンガポール。

コンピレーションアルバムは、海外向けベストアルバムといった趣。

でも、恐らく一筋縄ではいかない内容なのは規定路線!?

Perfume 3rd tour JPN DVD 映像一部公開

本日より、ツアーDVDの映像が公式チャンネルで一部公開されてますね。




WOWOWで放送されたものとは、違うカットも結構あります。

WOWOW版では、え、そこで引きの映像になるのは違うだろ!?という場面も多々あったので、

このGLITTERを見る限りは期待しても良さそう。

何より、WOWOW版では全然物足りなかった音響に関しても、相当期待出来そうです。

フラゲ日まであと9日。

いや、楽しみです。

またしても乗り遅れた!

どうも。

いつも、乗り遅れるeelfishです(笑)

昨晩のlocksも、寝落ちして肝心な部分を聞き逃すわ、

その後のオフィシャル更新の瞬間も、当たり前の様に寝落ちして、世間が一騒ぎもふた騒ぎもし終わった後に確認するという体たらく。

「新曲はサマーアンセム!」という謳い文句とは真逆のビジュアルが◎。

サマーソングといえば、馬○の一つ覚えみたいに、水着で歌い踊るPVを作ってしまうどこかのユニットとは根本的に違います。

news_large_Perfume_a.jpg

衣装が随分制服っぽいですが、女子高生というより、女学生といったイメージ。

更には、昭和初期の電話交換手という意見も。

一説には、前作、Spring of Lifeのアンドロイド達のその後、という見方もありますが、

その無表情さ故、そう言われれば、そんな感じも。

要するに、如何様にも取れるビジュアルな訳です。

いや、本当に一筋縄ではいきませんね。

さすが、チームPerfume!という外はありません。

CDTVスペシャルライブ

3時半からのVMAJ2012ダイジェストと丸被りだったので(うちはシングルチューナー)、
録画を止めるタイミングを見計らいつつ見てました。

オープニングのレーザービームで慌てて録画ボタンを押し、その後、2時くらいまでPerfumeがちらちら映るので、止められず(笑)

そして、TBSの女子アナが、このあとファンモンとPerfumeがテレビ初披露曲をやると言った瞬間、目が覚めました。

え、テレビ初披露!?

まさか、新曲はまだやらないだろうし、だったらFake itかコミュニケーションか!?

いや、いきなり時の針とかやったらそれはそれで面白いな、と期待に胸を膨らませてると、

果たして、コミュニケーションでした。

purutun

これにやられた人は恐らく物凄く多いはず(笑)

しかもテレビでは初となるヘッドセットマイクを使用してのパフォーマンスでした。

両手が自由になったPerfumeの凄味といったら。

変なお笑いタレントに仕切らせるというありがちな方向に持っていくのではなく、出演者自らMCを務め、局アナがサポートにつくというスタイルも好感が持てました。

その後のVMAJダイジェストは、録画したものを見たんですが、コンパクトによく纏まってたと思います。

要所要所でPerfumeがフィーチャーされてたのは勿論、最後にはPerfumeを紹介する金子ノブアキの熱いMCも聞けたし(お父さんが亡くなったばかりで大変だったろうに)、大満足でありました。

Perfume Grobal website

朝起きたら、ver.2.01になってました。

流れる曲も、Hurly Burlyのインストに。





インストだけでも、このクオリティー。

というか、カップリングのHurly Burlyは、CMで公開されてる部分と、インストのみ。

ポイントは、CM公開部分のみ。

リード曲の、Spending all my timeに至っては、曲名以外の情報は殆どなし。

「歌詞が少ない」「メロディーが難しい」「夏ソング」

これ位か(笑)

まあ、発売までまだ1ヶ月半もあるので、解禁は8月の頭といったところでしょうか。

JPN Tour DVD発売祭りと合わせて相乗効果が期待できますね。

さて、そのDVDですが、通販大手では初回限定盤は軒並みSOLD OUT

これは、通販分を少なくして店頭分を多めにという思惑なんでしょうか。

いや、そう思いたい。

そうですよね?ユニバーサルさん、アミューズさん。

でないと、フラゲ日に店頭販売分が殆ど残ってなかった、あのドームDVD初回盤の二の舞いになってしまいますよ。


品薄感を狙ってるとすれば、それは、

やめてください!

としか言えません。

とりあえず、欲しい人が全員入手できるような体制をとって欲しいです。

店頭になければ、

通りすがりの一見さんが、「あれ?PerfumeのDVD出たんだ?なんかジャケットも意味ありげだし、買っちゃおうかなー」

なんてことも、なくなるのです。

これは非常に勿体無いことです。

どうか、本当にそういう事態だけは避けて欲しいと心からそう願うものであります。

RUSH

僕が好きなバンドで、Perfume以外には新作が出る度に買うのは、最早これだけというのがRUSHです。

約5年ぶりにニューアルバムが発表され、今はそればっかり聴いてるという毎日です。






1968年にカナダでアレックス・ライフソン(g)ジェフ・ジョーンズ(b)ジョン・ラトジー(ds)の3人で結成され、

その後、ジェフ・ジョーンズが脱退し、ゲディー・リーが参加して、74年にデビュー、
デビュー後、そのツアー前にドラマーのジョン・ラトジーが脱退しニール・パートが参加、以後現在に至るまで不動のメンバーで活動を続けてます。

今年で結成44年、デビュー38年です。

ちょっとこじつけになってしまいますが、メンバーが一人抜けて、新メンバーが入った後、不動のメンバーで活動を続けてるという辺りにPerfumeとの類似性が(笑)

しかも、このバンド、メンバー同士の仲が良いことでも知られてます。

僕が知る限りにおいて、トリオバンドって物凄く仲が悪いのです。

古くは、クリーム、エマーソン・レイク&パーマー、割と最近だとポリスとか。

ポリスは4年前に再結成ツアーで来日し、東京ドームでライブを行いましたが、

ツアー中は、楽屋は3人別々、マネージャーも別々ということだったそうで、その辺りにも片鱗が窺えますね。

ちなみに、この時のライブが僕の初東京ドームでした。

メンバー各々のエゴのぶつかり合いが優れた音楽を生み出すという側面もあるので一概には否定できないのですが、それが行き過ぎて、空中分解というケースがいかに多いか。

RUSHというバンドは、ドラマーのニール・パートが歌詞を書いて、その世界観を提示し、ゲディーとアレックスが曲をつけていくという体制をとっていて、ある程度分業体制が出来てるからこそ長続きしてるのかなとも思います。

メンバーの誰一人抜けても成立しないのです。

メンバーの誰一人抜けても成立しない・・・ここもPerfumeと似てますね。

願わくば、Perfumeも息の長い活動を続けて欲しいものです。

なんか、「アイドル」ヲタ界隈には「アイドル」の23才定年説というのがあるらしいのですが、
Perfumeは「アイドル」ではないので、その辺は全く関係ないですよね。

普通に考えれば、アスリートやパフォーマーにとって23才なんてまだまだひよっ子でしかありません。

自分達の常識が世間の常識とは違うということを「アイドル」ヲタはには自覚して欲しいものです。

まあ、顔やスタイルやかわいい仕草が好きで、完成品よりは未完成品を好むという人々には何を言っても無駄だとは思いますが。



当ブログを割と最初の方から読んでくださってる皆様にはもはや説明の必要もないと思いますが、

僕は広義のアイドル(「~が僕のアイドル」というような言葉本来の意味でのアイドル)と狭義のアイドル(日本的な意味でのアイドル、要するにジャンルとしてのアイドル)とを明確に区別してます。

ということで、以後、所謂アイドルは「アイドル」とかぎ括弧付きで表記していこうと思います。

いつも乗り遅れる

まあ、いつものことですが。
昨日も、氷結→ビール2本で寝落ちしてしまい、起きたら何やら騒がしい。
DVDのジャケ写と収録詳細が発表になってたんですね。
初回限定盤のアートワークは、いつも通り想像の斜め上を行くデザイン。
三角の部分をクリックしてしまいそうになりました。
通常盤の方はJPNスペシャルがモチーフになってるのかな?
初回限定盤には、さいたまスーパーアリーナにおけるアンコールが収録されてますね。
あれはどこまで入ってるんだろう?
氷結争奪徒競走まで入ってると嬉しいんだけどなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。