台湾ライブ、大成功。

実は、僕にも台湾ライブの話があったんですが、Perfumeに先を越されてしまいました(笑)

それはともかく、台湾ライブ大成功だったようで、なによりです。

客層は、日本人は意外に少なく1割程度(100人位?)で、現地のファンが大半を占めたというのも、喜ばしいことです。

「日本のアーティストが海外公演を敢行して大成功!」という報道をよく見聞きしますが、
実態は、日本からのツアー客が大半、とか、現地在住の日本人ばっかりだった、なんてことはざらにあるんですよね。

Perfumeが空港に到着した際の動画も複数上がってますが、まさに、熱烈歓迎!されていて、なんだか見てるうちに目から汗が。。。。

それにしても、空港に到着した際のお三方の姿が、なんか凛としてるというか、神々しいと感じたのは僕だけでしょうか?

Perfume in Taiwan


やっぱり、品性って大事なんだな、と思いました。

スポンサーサイト

Perfume、始まったな!

いや、僕の中ではとっくの昔に始まってるんですが(笑)

まず、先日ソウルで行われた、ABU TV SONG FESTIVALの模様がストリーミングで放送されました。

といいながら、僕は出遅れてしまって肝心のPerfumeのパフォーマンスを観ることができませんでしたが、

ありがたいことに、いつものごとく某つべにアップされてました。



カメラ割り云々は抜きにして、Perfumeは、いつもどおりクオリティーの高いパフォーマンスを見せてくれました。

カメラ割りは・・・・そんなに責めなさんな、と言いたくなるような批判の嵐。

毎回毎回Perfumeを映してる、MステやMJでさえ散々言われてるんだから、増してや、初めてのKBS
、僕は頑張ってる方だと思いました。

実は、この動画でもコメントしてるんですが、ちゃんとフルで流してくれたのが嬉しかったです。

本当に、いつも思うんだけど、なんで日本の音楽番組でこれが出来ないの!?

いつまでもテレビサイズにこだわってどうするの!?

1曲丸々だと、他のアーティストのファンが飽きてチャンネルを変えられちゃうから、とか、視聴率のことばかり気にしてる暇があったら、もっと番組自体のクオリティーを上げる努力をしたらどうかですかね!?



そして、米国TIME誌のウェブサイトにて、Perfumeが紹介されております。

明後日26日には、遂に初の海外ワンマンライブ at 台北が行われる折も折、いよいよ、Perfume、始まったな!!と思わざるをえません。

そういえば、このブログで、Perfumeのギャラが暴露されてしまっています(笑)

といっても、あくまでも事務所に払う金額であって、お三方に渡る金額ではないことは言うまでもありませんが、

我と思わん方は是非!

けっかはっぴょう~!!(追記あり)

eelfish様

以下の内容でご当選が決定しました。

「Perfume WORLD TOUR 1st シンガポール公演 ライブ・ビューイング」
2012年11月24日(土) 20:00上映予定
東京:TOHOシネマズ 西新井
席種/料金(税込):全席指定/2800円
※「P.T.A.先行受付チケット価格」です。プレイガイドでの一般販売時のチケット金額とは異なります。
枚数: 1枚
※未就学児童もご入場いただけますが、4歳以上の場合、チケットが必要となります。
※東京:新宿バルト9、東京:シネマサンシャイン池袋、広島:109シネマズ広島 会場は、記録撮影用にカメラが入る可能性がございます。予めご了承の上、ご購入ください。

合計金額:3115円
※合計金額には、クレジットカード決済手数料(210円/1当選公演)、発券手数料(105円/1枚)が含まれています。

・・・・・

というわけで、第1希望は叶いませんでしたが、無事第2希望TOHOシネマズ西新井に当選いたしました。

問題は、西新井には、仕事場近くのバス停でバスに乗れば、ものの20分で着いてしまうことです。

仕事は17時に終わる予定なので、それからどんなにゆっくり行動したとしても、18時には現地に着いてしまいます。

さて、どうやって時間を潰したものか、今から心配してます。

なにしろ、西新井なんて数える程しか行ったことがないので。

まあ、1ヶ月も先の事を心配したってしょうがないんですけどね。

それにしても、ライブビューイングって初めてなので、どんな感じになるのか、皆目見当もつきません。

果たして・・・・!?


追記

地図を見たら、普通に歩ける(といっても1時間半位)距離なので、歩いて行こうと思います。




昨日の事

今週からア◎ゾン関連の仕事が始まったおかげで、朝の8時から夜8時までという激務の毎日でございます。

いや、かつて、SEもどきをやってた頃に毎日ほぼ終電の生活を送ってた身としては、時間的には全然大したことはないのですが、デスクワークではなく、ほぼ肉体労働で、なおかつ、要求される精度がとんでもなく高いので、疲労度は同等かそれ以上です。

前置きはそれ位にして、

そんな疲労困憊の状況下でも日々の買い物は欠かせません。

例によって、昨日、仕事帰りに近所のスーパーに寄って買い物をしてたら、前方から歩いてきた年の頃なら30才位の女子がWALKMANを身に着けていたんですが、

その画面表示が「JPN」のジャケット。

あ、この人、今、JPN聴いてるんだ!と思ったら親近感沸きまくりで、

思わず声をかけそうになってしまいましたが、

こんなおっさんに声を掛けられてもなあ、と思ったら、やはり実行には移せず。

でも、身近にPerfumeファンがいるのは嬉しいなあ、と思った昨日の出来事でした。

シンガポール公演ライブビューイング

やっと、詳細きました。

この件に関しては、FCからのお知らせを注意深く読んだ人にとっては周知の事実でありましたが、

結構ご存知なかった方が多かったようで、

お前ら、お知らせはちゃんと最後まで読め!

という気分です。

という僕も、実は、パワーわんこさんのブログを見るまで気付いてませんでした。

当然、エントリーする予定ですが、果たして当選するのか!?

もし、当選したとしたら、映画館に足を踏み入れるのは、実は、26年ぶり!!(笑)

前回は、吉祥寺のバウスシアターという映画館で、Stop making senseとBring on the nightという音楽ライブ映画の傑作ともいえる作品の2本立てでございました。

もし、当選したならば、その2本にも勝るとも劣らないライブ映像(しかもリアルタイム)を目にする事が出来るはずで、今から気合入りまくりです。

いや、気合いれたからって当たるとは限りませんが・・・・

実は、音楽ライブ映画って、結構見てまして、

確か、初めて見たのは、Led ZeppelinのThe Song remains the same。

その次が、The BandのThe Last waltz(これはThe BeatlesのLet it beとの2本立て!でした)。

厳密に言うと違うかもしれませんが、The WhoのTommyも見ました。

その当時は、まだ、「フィルムコンサート」という文化が生きていて、

その延長線上で見てたって感じかな。

あ、Jimi Hendrixのドキュメンタリーも見たっけ。

しかも、これは地元の映画館と福岡市民会館の2箇所で見たなあ。

何はともあれ、アマゾンのレビューでは賛否両論だった、「直角二等辺三角形ツアー」DVDをぜひとも映画館の大スクリーンで見てみたいと思った僕からすると願ったり叶ったりのチャンス。

当たるといいなあ。

グローバル展開するPerfume

先週、バスに乗りながら、J-WAVE TOKIO HOT100を聴いてたら、思わぬところでSpending All My Timeが流れ出してビックリ。

時は、TOP10が発表される午後4時過ぎ。

先々週は25位まで後退してたので、まあ、初登場から既に1ヶ月半が経過してるし、仕方ないかなー、と思ったらまさかの6位再浮上。

ん、何があった!?

そういえば、先々週のJAPAN COUNT DOWNでは、Global compiration albumが
アルバムチャートで初登場3位。

1位は、西野カナさんでした。

あれ、オリコンチャートでは1位だったはず・・・・

その週のスポンサーにはソニーミュージックが・・・・

あれ!?スポンサーに配慮されましたか!?

JCDのチャートは独自集計を謳ってますが、その基準がよくわかりません。

TOKIO HOT100のチャートは、都内大型CDショップの売り上げ、オンエア、リクエストと明確な基準があります。

その中でもオンエアとリクエストの比重が高いようで、オリコンチャートでは上位を独占しているジャニーズ系や大人数アイドルユニットなどの曲は、殆ど登場しません。

そんなチャートに、曲が発売される度にチャートインし、あまつさえ、トップまで獲ってしまうPerfumeは凄いと思います。

と、前置きはここまで(←前置きかい!)

曲が終わったあとに、クリス・ペプラー氏がメンバーの近況についてコメントしてましたが、

あ~ちゃんはロンドンへ(目撃情報もありましたね)、かしゆかはニューヨークへ、そして、のっちは・・・京都へ。

あ~ちゃんの足跡を辿るのっちの次の行き先はロンドン!?