もう大晦日

皆さま如何お過ごしでしょうか。

当方は、28日に仕事を納めて、29、30日は本当にダラダラと自堕落に過ごしてしまいました。

本当に天気が良くて、良い天気とは裏腹なテンションの低さ。

まさに「晴れた雲ひとつない今日の天気に合わな~い♪」ようなテンションでありました(笑)

そんな中、前回のブログにも書いたとおり、bayfmで放送されバッキー木場さん(P.T.A会員)の番組を聴いてたんですが、

いや、本当に酷いチャートでした

上位はAKBとジャニーズばっかり。

別に、Perfumeの出番はとっくの昔に終わってるし、そこで終了してもよかったんですが、

今年の一般的なチャートはどうなっておるのか、

尚且つ、AKBさんの曲をまとめて聴くチャンスもなかなかないので、終了の18時50分まで聴き通しました。

所謂「アイドル業界」というのは、昔からちっとも進歩してないんですね。

ジャニーズはともかく、AKBに関しては、

アイドルソングなんてこんなもんでいいんじゃね!? 誰もそこまで期待してないでしょ!?

って思惑が透けて見えてきます。

ベタッとしたメロディーラインとか、

鼻に抜けるような歌唱法とか、

間奏で差し込まれる、きれいにディストーションのかかったギターソロとか、

まさに「お約束」(笑)。

僕もプレイヤーなので、打ち込み全盛の今、スタジオミュージシャンを救済するという意義があるのは理解できますが、そこにはそれ以上のものは一切見出せません。

ジャニーズに関しては、歌はともかく、サウンドのクオリティーは相変わらず高いな、とは感じました。

それにしても、KAT-TUNのバックトラックのリズム隊がネイザン・イーストとデイブ・ウエックルとか(笑

今年は、AKBとその派生ユニット姉妹ユニットが日本の音楽シーンを破壊し尽くしたた年として記憶されるに違いないな、

と、なんだかやり切れない思いで一杯になった年の瀬のひと時でありました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント