アイドルってなんだろう。

ということについて考えざるを得ない機会がありました。

当ブログにて過去に紹介させていただいた海外在住のPerfumeファンのブログ。

そのブログにて、事実上Perfumeファンを止める宣言。

ずっとブログは拝見し続けてましたが、なんとなくそんな雰囲気は感じ取っていました。

それは仕方ない、心境の変化は誰にもあるものです。

気になったのは、当初は「アイドルの形をした新しいタイプのかっこいいアーティスト」から「存在も活動もアイドルそのもの」に印象が変化したという記述。

当ブログでも散々言ってきましたが、本来のアイドルとは、偶像という意味で

その意味でとらえれば「存在も活動もアイドルそのもの」って最高の褒め言葉だと思います。

しかし、ジャンルとしての「アイドル」と言葉通りのアイドルを混同してるような箇所が結構見受けれらます。

未だに「所謂アイドル」的な活動を続けている(続けざるを得ない)Negiccoを矢鱈と持ち上げたり、

当方からすれば、本人たちの肉声が殆ど聞こえてこない、のっち言うところのアイドルの定義「事務所に言われたことをそのままやる」存在としか現状では言えないBABYMETALを絶賛したり、とか。

アイドルって何だろう?

本当に。

アイドルって、なってなれるものではないです。

世間に氾濫する「アイドル」は実はアイドルでもなんでもないのです。

単に「歌って踊れるアーティスト」の俗称でしかありません。

特に日本においては。

その意味で、正真正銘のアイドルであるPerfumeって凄い存在だと思うんです。

ちょっと前に「日経エンターテイメント」に掲載されたアーティストパワーランキングにおいて、

Perfumeは「アイドル」部門で断トツの1位でした。

このアーティストパワーランキングって、要するに世間の認知度を表したランキングな訳なんですが、

所謂「アイドル」活動に精を出す、他のガールズグループを尻目に、毎年1位を獲得し続けています。

実はこれって凄いことなんですよね。

まあ、日経エンターテイメントという雑誌自体、Perfumeには冷淡なので、1位なのに全く触れられないという不思議な状況ではあるんですが(調査自体は別会社が行っています)、そのランキングを見た他の「アイドル」グループのメンバーは何を思うんでしょうか?

こんなに活動を頑張ってるのに、この壁は何!?と思っているのかも。

活動の方向が間違ってる、とは本人もスタッフも夢にも思ってないのでは?

「アイドル」から正真正銘のアイドルへの道は決して平坦なものではありません。

「」付きのアイドルから正真正銘のアイドルへ。

Perfumeは、まさに、それを成し遂げた稀有な存在であると思います。

結局、Perfume絶賛の記事になってしまいました(笑)が、

脳内ディレクター気取りでダメ出しをするようなブログとはこれからも一線を画していきたいと思います。

それと、これまで、BABYMETALに関しては特に言及してきませんでしたが、文中に述べた感想が全てです。

悪しからず。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント