前記事の流れで

チケット転売サイト、チケットキャンプの業務一時停止に伴う、阿鼻叫喚の声がTwitter上に溢れてます。

まあ、転売屋とかは言語道断ですが、

定価以下でしか売買したことないのに、チケキャンないと困るとか言ってる人たちが多数いることに驚きました。

そもそも、全てのチケットには「転売禁止」と書いてあるではないですか。

その転売禁止のチケットの売買を仲介して手数料を取るビジネスってかなりグレーだと思うんですが。

今回はそのグレーな部分ではなく、肖像権の問題で捜査が入ったようですが、いずれは規約違反の部分にもメスが入るんではないでしょうか。

その定価以下での売買に関して、一番印象に残ったのがこれ

「私転売してなしし、友達と重複当選したチケットを、外れた人のために譲ってるだけ。定価で売ってるし、送料手数料足したら、むしろ損してるぐらい。悪いのは転売屋」

もはや、自分が何を言ってるのかわからないようです。

定価で譲ろうが定価以下で譲ろうが、対価を受け取れば、それを転売というのです。

「むしろ損してるぐらい」とはいえ、そもそも転売も払い戻しも出来ないチケットを転売してる時点でアウトなんじゃないでしょうか。

それよりも何よりも、

「友達と重複当選したチケットを、外れた人のために譲ってるだけ」

という一文にカチンときました。

要するにグループ買いをして、自分たちは良席を確保し、いわゆるクソ席を転売に出そうってことです。

そもそも論ですが、グループ買いをしなければ、チケットの先行販売などでより多くのファンが席を確保できるはずで、「譲ってあげる」必要もない訳です。

それを「譲ってあげる」とは、何目線なのか(笑)

残念ですが、Perfumeファンにもそういう人が結構な数見受けられます。

仲間内でチケットを融通しあうのがダメと言ってるのではありません。

最初からそれ目的でチケットを確保することによって、他人の機会を奪ってることに気付いてほしいのです。




あ、入金期限は明日だ! さっさと入金してこないと(笑)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント